スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葉の上の水滴

IMGP8408-1.jpg

葉の上の水滴


葉っぱを縁取るように小さな水滴が並んでいます。
水滴は突起状の部分にできるようです。
何か原理があるのでしょうが、自然の規則性は時として「律儀」な印象を与えます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ : 何気ない日常の写真
ジャンル : 写真

素顔はどれ?

IMGP8452-1.jpg

素顔はどれ?


以前同じモチーフで撮ったものを趣向を変えてリメークしてみました。
4枚の「女の子」のカード(写真)は一枚のアンティークポストカードを4枚コピーして作ったものです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : アートな写真
ジャンル : 写真

コーヒーカップのなかの幻

喫茶店でコーヒーを飲んでいるとき、ふと気付きました。天井の小さなシャンデリアのような照明がコーヒーの表面に映っていて、きれいなのです。コーヒーなどカフェインを含む飲み物の摂取量と幻覚の見やすさに相関関係があるという研究もあるそうですが、コーヒーの色を見ているとカップの中は実は底なしの沼で得体の知れないものが潜んでいるのでは?なんて思ってしまいます。無意識のメタファーと言うか。

写真に撮るとき難しかったのはテーブルが不安定なのか、コーヒーの表面に常に「小波」ができている状態だったことです。暗いのでシャッタースピード稼げないし、コンデジで感度上げるとノイズが酷くなるし。ISO400でも、ご覧のとおりザラザラです。


IMG_0548-1.jpg

コーヒーカップのなかの幻


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 何気ない日常の写真
ジャンル : 写真

星降る窓辺

アンティークショップの店内です。喫茶と食事もやってて、玄米を使った定食が美味でした。コンデジしか持ってなかったのですが、「絵になる」窓辺だったので撮影させてもらいました。実は、窓外の「星」は商店街のイルミネーションです。

IMG_0534-1.jpg

星降る窓辺
PowerShot G7


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 何気ない日常の写真
ジャンル : 写真

警戒する二匹

IMG_0768-1.jpg

警戒する二匹
CANON PowerShot G7


奥の猫には余裕が感じられますが、手前のは相当驚いたみたい。
久しぶりの「西荻ノラ」シリーズです。このカテゴリでは、以前住んでいて今でも大好きな街、西荻のノラ猫たちの写真を主にストックからピックアップして紹介しています。今回のこの場所は駅近く、古い小さなマンションの駐車スペースで、陽がよく当たる気持ちのいい一角でした。毎日猫たちに餌をあげていたお婆さん、お元気でしょうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

ヌキアシ サシアシ

IMG_0522-11.jpg

ヌキアシ サシアシ


鳩が気になって仕方がない様子。


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

skelton in the shopping arcade

IMG_0501-1.jpg

skelton in the shopping arcade


写真で見るとぎょっとしますが、都内某商店街、整体のお店の入り口に当たり前のように立っていました。


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 何気ない日常の写真
ジャンル : 写真

静かに!無から何かが生まれる。

coll-ex_nihilo-1.jpg

静かに!無から何かが生まれる。
コラージュ


いかにも切貼りしましたという雰囲気のものを作ってみたくなりました。コラージュのタイトルに「無から何かが生まれる」というのはちょっとアイロニカルですが…

ものを作るということに関して、すべてはコラージュだという考えがあります。既存のものの組合わせってことですね。これが正しいかどうかは私には分かりません。まぁ、写真やコラージュを含めて、自分が趣味で作るもの、言ったり書いたりすることについては新しいものなど何にもないだろうなとは思います。どっかで見たこと聞いたことのコピーのレベルでしょう。しかも劣化コピー(笑)

にもかかわらず(いや、それゆえに?)憧れるんですね、コラージュやコピーじゃない「無からの創造」みたいなものに。実態はともかく、少なくとも気概においてはそういうものを目指していたいと。アートって言葉は気恥ずかしいんですけど、アートってことを意識してものを作ってる人は、みんなそうなんじゃないかなぁ。私のような者が言うのもナンですが…


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 加工・合成写真
ジャンル : 写真

夜空の「ボール紙理論」と「シーツ理論」

夜空の「ボール紙理論」と「シーツ理論」
【読み】よぞらのぼーるがみりろんとしーつりろん
【英語】The Cardboard versus Sheet Theory of the Night Skies
【分類】固有名詞・専門・天文学史


夜空の正体については古来より、二つの学説が対立してきた。
「ボール紙理論」では黒または群青に塗装したボール紙にブリキ製の月や星を貼り付けたと考える。対する「シーツ理論」は夜空は大きな群青色のシーツで、そこに金属製の星たちが縫い付けられていると考えるが、なかには刺繍されているという説を唱える研究者もいる。この数千年に及ぶ論争にようやく決着が付いた…かのように見えたのは、21世紀の前半である。

2010年2月2日、日本の首都東京は前日の夜降り積もった雪とともに朝を迎えた。この雪景色を撮影中のアマチュア写真家が木に覆いかぶさる夜空の切れ端を発見したのである。写真で見ると木の高さは数メートル。夜空は枝のほぼ全体を覆うようブランケットのように見える。ただし半透明なのでうっすらと枝が見えている。星は白色で金属製のようであるが、墜落の衝撃のためかどれも少し曲がっている。落ちたのはオリオン座のようだ。

この写真とともにニュースは世界中を駆け巡り、一大センセーションを引き起こした。天文学に限って言えばシーツ派の学者は高らかに勝利宣言を行い、シーツの素材は何かという問題に興味を示した。ボール紙派は事件全体がでっち上げだと反論した。根拠の一つはシーツが部分的に折れたりしわになったりしているにもかかわらず、オリオン座がその形を保っているのは人為的であるという点にあった。

しかし、事件はこれだけでは済まなかった。発見から24時間も経たぬうちに夜空は忽然とどこかに消えてしまったのだ。たぶん元の天空に。警備や調査に従事していた現場の担当者たちもいつそれが消えたのか分からなかったという。気が付いたときには、もうそこになかったと全員が証言している。また、この間に撮られた写真をはじめ一切のデータも何者かによって消去された。さらには第一発見者の写真家についても、本人が名乗った氏名や住所が架空のものであることが判明したときには行方を晦ましていた。結論として夜空墜落事件は宙ぶらりんのまま、うやむやとなってしまった。あたかも着地しない永遠の墜落を続けるかのように。ただ、どういうわけかこの写真だけが後に残された。

この写真を、あるいは事件全体をどう解釈するか、未だに定説はなく学会のタブーのようになっているのが実態である。事件については、なぜかボール紙派も口をつぐんでしまう。いずれにしろ、夜空の成り立ちを巡る「ダンボール理論」と「シーツ理論」の論争は決着を見ていない。


coll-yoru_no_doncho-1.jpg

夜空のシーツ
コラージュ


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 加工・合成写真
ジャンル : 写真

雪の朝

昨日の朝撮った写真です。
私にしてはきわめて真面目な写真(笑)


IMGP8183-1.jpg

雪の朝:ベンチ
PENTAX K20D DA★ 50-135mm


雪の中に無言で並んでいるベンチは、何かを静かに考えているようでした。


IMGP8185-1.jpg

水面
PENTAX K20D DA★ 50-135mm


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 何気ない日常の写真
ジャンル : 写真

二月は虹とともに

テーブルの上に置いてあったブラスチックのボトルが床にきれいな虹を作っていました。散らかった床はとても人様にお見せできるようなものではないので、適当にカレンダーを置いて撮影してみました。そう言えば、今日は新しい月の始まりでしたね。


IMG_0397-1.jpg

二月は虹とともに


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 何気ない日常の写真
ジャンル : 写真

FC2カウンター

プロフィール

J.-P. Kuak

Author:J.-P. Kuak
空想写真家、ノラ猫写真家、コラージュ作家。懐かしいものや鉱物も好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

AYA 光年の森
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。