スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月の記録

本とか映画とか…
半分自分用の備忘録。
適当にVIVITAR VIVICAM 5050で撮ったいい加減な写真を意味もなく混ぜてみます。


PICT0058 (2)-1

新宿



買った本・読んだ本


『生成文法の企て』 ノーム・チョムスキー 岩波現代文庫

『七つの夜』 J.L.ボルヘス 岩波文庫
失った視覚世界の代わりにアングロ=サクソン文学という目に見えない世界を我が物にしようと決意するボルヘス。そのとき教科書に使ったのがスウィートの『アングロ=サクソン語読本』。この本って私も大学院時代に古英語(英語の古文みたいなものです。=アングロ=サクソン語)の授業で部分的に読まされたような記憶がある。必修だったから取っただけの不真面目な学生だったので記憶違いかもしれないが、ボルヘスが少し身近に感じられた。→『読本』じゃなくて同じ著者の『文法入門』だったのを思い出した。

『不思議なキリスト教』 橋爪大三郎+大澤真幸 講談社現代新書

『鉄塔 武蔵野線』 銀林みのる ソフトバンク文庫
昔読んだ本の文庫版。懐かしい。夏休みの終わりの気分に満ちた本。

『図録 現代美術の手法「1」 コラージュ』 練馬区立美術館
野中ユリの作品も収録。

『太陽1993年4月号 特集・瀧口修造のミクロコスモス』 平凡社


PICT0042-1.jpg

早稲田界隈
くどくど書かないところが粋。



見た映画


『小さな哲学者』 監督:ジャン=ピエール・ポッツィ+ピエール・バルジエ
★公式ホームページ
 http://tetsugaku-movie.com/index.html
フランスの幼稚園での哲学の授業を記録したドキュメンタリー。
自由とは?友達と恋人はどこが違うのか?そんな根本的な疑問を自分の頭で考え、自分の言葉を使って他者と議論するという意味での哲学を実践する子供たち。ある子供が哲学は好きかと聞かれて「うん、好き。だって考えるって夢を見るみたいなものだけど、夢って素敵なものでしょ」。

『田中さんはラジオ体操をしない』 監督:マリー・デロフスキー
★公式ホームページ
 urayasu-doc.com/tanakasan/

強力におススメします!面白い!
田中哲郎さんは解雇された同僚のために運動をし会社が強制するラジオ体操を拒否したという理由で沖電気を解雇。以来30年間毎朝!会社の正門前でギターを抱えプロテストソングを歌い続けている。社会派映画というよりは田中さんの魅力に迫った映画。監督はオーストラリア人。とにかく田中さんのキャラの立ち方が普通じゃない、いい意味で。茶道の決まりごとに納得がいかず破門されてしまうほどの頑固者。だが変人なんじゃなくて筋が通らないことが嫌いなだけ。海外の人から見るとサムライの姿が重なってくるんじゃないかな。ヘタレの私には見習うべきところが大。

(実は私、昔解雇通告なるものを貰ったことがあります。ある日出社すると机の上に置いてあったのです。(前後の事情はここでは書きません)で、とりあえず通告に従う意思はない旨を伝え、弁護士の手配などを始めようとしていたら、どういうわけか通告は撤回されました。なので田中さんのようなドラマチックな人生展開にはなりませんでした…笑)

                              
PICT0050-1.jpg

新宿



その他


白米には電気炊飯器、玄米には圧力鍋を使っていたのだが、白米を圧力鍋で炊いてみたところ格段に美味しくなることを発見。もちもちしてます。

元ホームレスのOさん(52才)と話をする機会があった。
Oさん曰く「ホームレスの問題は家がないことじゃなくて希望がない(ホープレスな)こと」
Oさんは最近まで『ビッグ・イッシュー』の販売員をされていました。


PICT0028-1.jpg

三鷹



こんな感じの8月。
秋の気配…




ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

IMGP5031-1.jpg


PENTAX K-7, DA 35mm MACRO Limited



ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

ボトルの中の飛行機

IMGP5006-1.jpg

ボトルの中の飛行機
PENTAX K-7, DA 35mm MACRO Limited


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

coll-door2-1.jpg


コラージュ



ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 加工・合成写真
ジャンル : 写真

自然のリース

ボンベを固定するチェーンに元気の良いつる草が絡み付いてリースのように見えます。
(庭の草むしりしろよ>自分)


IMGP4905-1.jpg

自然のリース
PENTAX K-7, DA★ 50-135mm


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 何気ない日常の写真
ジャンル : 写真

青のコラージュ2点

先回のエントリのタイトルは「迷う」でしたが、写真を撮ったりコラージュを作ったりするとき、かなり迷うことが多いのですね、私の場合。

「写真は選択の芸術だ」と言われることがありますが、これは一枚の写真が構図・感度・絞り・シャッタースピードなど多くのパラメーターの上に成立していることを示しています。パラメーターの値を決めるのが写真家の仕事だというわけですが、パラメーターの数だけ迷うポイントがあるという言い方もできます。

更にコラージュ(系の写真)の場合、現実の記録・再現ではないという点が重要です。
つまり作品の内容に関してはほとんど何でもアリの状態なので、「モノの配置はこれでいいのか?」「ちょっと色をかえてみようか?」などなど迷いも大きくなるわけです。

このブログで発表してる作品も、多くの場合後から手を入れています。
その結果、元の作品とはほとんど別物になってしまう場合もあります。

今回は最近のコラージュの修正版を2点UPしてみたいと思います。


coll-blue_flame-1.jpg

青い焔



coll-butterfly_room-2.jpg

蝶の部屋



ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 加工・合成写真
ジャンル : 写真

迷う

IMGP4280-1.jpg

迷う
PENTAX K-7, DA 35mm MACRO Limited



ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

蝶の部屋

暑い毎日が続いていますが、コラージュの素材用に空の写真を撮影するには絶好の天気です。何枚か撮ったので、早速作品を作ってみました。

coll-butterfly_room-1.jpg

蝶の部屋
デジタル・コラージュ


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 加工・合成写真
ジャンル : 写真

百花事典1 女神

IMG_4377-1.jpg


地元の古本屋で見つけました。
30ページちょとのパンフレットような本です。
表紙のコラージュにピンと来て手に取ってみると、やはり野中"コラージュの女王"ユリでした(笑)

内容は事典形式で書かれた女神に関する短いエッセイ集。著者は高山宏。

奥付を見ると昭和62年の発行で、編集:高橋睦郎、挿画:野中ユリとなっていて有限会社真理花というところから出ています。自費出版なのでしょうか?このあと2巻、3巻…と続いたのでしょうか?

ネットで検索しても情報がありません。

それにしても野中ユリのコラージュの素晴らしいこと!
そのストイックな佇まいは、19世紀あたりの科学書や事典、カタログなんかの版画イラストを素材にしていることもあって、事典の古風な挿絵として違和感がありません。

挿絵なのでサイズは小さいのですが、野中ファンへのサービスのように一点だけ見開きを使った大きな(比較的という意味ですが)作品が収録されています。眼福、眼福!

IMG_4374-1.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 学問・文化・芸術

アトミックサイト展・他

先日の銀座でのデモは時間の都合がつかず、デモ自体は終わった後の新橋駅前SL広場に駆けつけるのがやっとでしたが、余韻は感じることができました。デモの様子はYOUTUBEで見ることができました。

http://www.youtube.com/watch?v=tYFZtVBTY7A

警官の数が多すぎてちょっと怖いです。
デモって当然の権利だし、参加者もごく一般的な人たちだと思うんだけど、なんか準犯罪者みたいに扱われてる気が…
犯罪者ってことで言えば、デモ参加者が抗議してる相手の方だと思うんだけど。
警戒する相手が逆じゃないのかな…
原発は安全、原発はエコ、ないと電力が不足する…とさんざん騙しておいて事故が起これば想定外。
事故から五ヵ月経っても事態を収拾できず、放射能の垂れ流し。
これじゃぁ、デモどころか暴動が起きても文句は言えないと思う。
(そう言えばイギリスが騒々しいですね。)

★           ★          ★

さて、次の日(日曜日)は東向島の現代美術製作所というところに『アトミック・サイト』展を見に行ってきました。

http://atomiksite.wordpress.com/

PICT0019.jpg

町工場だった建物を利用した『現代美術製作所』入口


これは原発事故が引き起こした非常事態に対する現代美術家からの問題提起で、レベル8の世界を想定してその日常を「サブカル的感性で」イメージしたオブジェや映像が出品されています。
だいたい私はこのような社会的なテーマを直接的な形でアートに持って来るのはあまり好きじゃないんです、純粋に趣味の問題として。

でも、こういう作品は作品だけ取り出してそれが美しいだとか好みだとか批評してもあまり意味のないことでしょう。それよりは問題提起の役割や見る人に考えさせる力といった側面が重要かと。考える手段としてのアートとでも呼べばいいのかな。そういう意味では色々と刺激になりました。多分作者も作品制作というプロセスを通して考えを深めていったのではないかと思います。


PICT0010.jpg

PICT0014b.jpg

PICT0011b.jpg


今回の出来事で気づかされたことの一つに東京での生活は地方の犠牲の上に成立しているという事実があります。直接被害を受けた福島の人のことを思えば、こういった展示に何の意味があるのだろう、という意見があるかもしれませんし、それは正当な疑問だと思いますが、少なくともこの展示には白々しい偽善はありません。自然体と言っても良いでしょう。アーティストとして非常事態を受け止めて表現した作品には無理がありません。そこに福島と東京の非対称的な関係の構図が読み取れるとしても、そのこと自体が意味のあることかもしれません。そういった構図の中にいる自分から出発するしかないという意味で。デモにも感じるのですが、自分のいる状況の中で自分にできることをやる。そういう「普通」の感覚が大切ではないかな。偽善とか自己否定とかでは長続きしませんよね。

展示は7日(日曜日)までの予定だったのですが、延長(11日~20日)が決まったようです。

★          ★          ★

PICT0022b.jpg

店内の「チェ・ゲバラ」


さて、アトミック・サイトの帰り、新宿にあるカフェLに寄ってみたところ、外国の歌に日本語の歌詞をつけてYOUTUBEにUPしているグループが翻訳作業をしているところでした。一曲目はつい先日UPしたばかりのこの曲。デモにもぴったり(と言うか、そのための歌ですね)の"On lâche rien"で締めくくりたいと思います。元気が出ます。ぜひ聞いてみてください。

http://www.youtube.com/watch?v=miY5ZuB1lZM

ブログランキング・にほんブログ村へ




テーマ : 何気ない日常の写真
ジャンル : 写真

バタフライ効果

先回のコラージュ、中途半端なまま出してしまったので、改めてゼロから作り直してみました。

coll-butterfly_ef-1.jpg

バタフライ効果
コラージュ


いろんな要素が複雑に絡み合って相互作用をしているシステムでは、取るに足らない些細な出来事が思いもよらない大きな結果を生む場合があります。例えばアマゾンの奥地で一匹の蝶が羽ばたいたところ、巡り巡ってテキサスで竜巻が起きる。この例えから「バタフライ効果」という言葉で呼ばれています。

こういう風に解釈するのが専門的に妥当なのか分かりませんが、「バタフライ効果」は「我々は小さな存在かもしれないが、決して無力ではない」ということを意味しているともとれます。自分の努力が無意味に思えるとき、ちょっと思い出すといいかも。

ただ「バタフライ効果」って予測不可能ってのもポイントなので、自分の行いが意図どおりの結果を生むかどうかも分からないということになりそうですが、まぁそういうのも面白がる余裕がほしいですね。

というわけで、明日8月6日土曜日の夕方、日比谷~新橋間で脱原発のデモがあるようです。興味のある方は下のリンク先で詳細を!

8.6 東電前・銀座 原発やめろデモ!!!!!


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

人生、ここにあり!

(ちょっと短くしました。8/4)
たまには映画のレビューでも書いてみよう。

『人生、ここにあり!』

原題:Si può fare
監督:ジュリオ・マンフレドニア
2008年 イタリア映画
公式サイト: http://jinsei-koko.com/


1980年代イタリアでの実話をベースにしたコメディ・タッチの人間賛歌。
労働組合の運動家ネッロは政治路線の違いから組合を追い出され「協同組合180号」の指導員に任命される。で、新しい職場に行ってみると、協同組合とは名ばかりで、精神病院から出た患者たちが監督医のもと、切手貼りなどの単純作業(とたっぷりの薬)を与えられ無気力な日々を送っていた。

ここでちょっと時代背景の説明をすると、イタリアでは1978年から精神病院の全廃を謳った法律(180号法、通称「バザリア法」)が施行され、患者たちは地域社会でその一員として生活していくことになったらしい。とは言っても、病院から社会に「解放」されて後も、現実にはこの映画のように入院していたときとほとんど同じ生活を余儀なくされた人たちも多かったんだろう。

さて、ネッロは良く言えば個性豊かな、悪く言えばてんでバラバラな組合員たちをどうにかまとめ上げ「床貼り」の仕事を始めることとなった。が、組合員を無能で仕事なんか無理だと決めつける頭の固い監督医や精神障碍者に対する世間一般の偏見など前途は多難。なかなか注文も取れない。やっと契約を取り付けた仕事でも、ネッロ不在時に床板が足りなくなるというアクシデントが発生。組合員たちはパニック状態に。

でも結果的にはこのアクシデントが好転して、彼らの仕事が評判を呼ぶようになり事業はトントン拍子に発展する。自分の手で稼ぐことができることを知った彼らには人間らしい表情が戻ってくる。とここまでは良いんだけど、それまで社会との接点がなかった彼らはその純粋さゆえに傷つくこともある。健常者の女の子に恋をした青年組合員の自殺という事件が彼らの心に暗い影を落とす。

彼らの社会進出を全力でサポートしてきたいつも攻めの姿勢のネッロもすっかり凹んでしまい「おれのやり方は間違っていた」と組合を去ってしまう。反対に組合員の投票で解雇された監督医が復帰。また以前のような非人間的な毎日が戻ってくるのか?

それとも…

あらすじはこんな感じなんですが、良い映画でした。
イタリア語の原題は「やればできるさ」という意味だそうです。
「まぁ色々あるけど、深刻な顔をするまえに、一歩歩き出そうよ。きっとうまくいくよ」ていう明るいメッセージが伝わってきます。

日本語で「やればできる」っていうフレーズを考えた場合、あまり魅力的な言葉には響きません。もっと正直に言えば個人的には反発を感じるタイプの言葉です。なぜって、なにか自然なものに反した行動を無理強いするときに使われるような気がするんですよね。敵の戦闘機に竹槍で向かって行くときの精神論のような(ってたとえが古いですね)。

でもこの映画で描かれたような状況を背景、あるいはコンテクストとして「やればできる」って言葉の響きを味わってみると不思議なことに反発は少しも感じません。

なんでだろうって考えてみると、これを口にする時の心のベクトルが日本的なコンテキストの場合とこの映画では正反対なのではないかと思いました。前者の場合ベクトルは苦の方向(苦行・努力)、後者は楽の方向(○○、例えば自律的生活、ができるようになったときの喜び)のような気がします。

さて、このように肯定的に評価したうえで言うのですが、ストーリーの展開が少し表面的で突込みが足りないように感じる部分もありました。都合のいい偶然の連続という印象が若干するのです。

例えば床材が足りなくなるというアクシデントが起こったとき、普段から偏執狂的なところのある二人の統合失調症患者が廃材(切れ端)を丁寧に組み合わせてモザイクを作ってしまうんだけど、この契約とは違う仕事をクライアントのブティック店長が「アーティスティックだ」と気に入ってしまうというエピソード。

彼らが一般社会で直接経験する(多分)初めてのトラブル、かつ彼らの転機となる出来事、そういう重い役割を担うエピソードにしては都合が良すぎるように感じました。

でも同時にある程度は仕方のないこととも思うんですね。これは今でも北イタリアに存在する協同組合をモデルにしていて、出てくるエピソードもほとんど現実の出来事らしいのだけど、入れたくなるエピソードが沢山あったんじゃないかな。で、それをできるだけ2時間弱の上映時間に詰め込んで、しかもシリアスにならずに前向きのトーンで、っていうとどうしても「表面的」な印象にならざるを得ない。そういうことかもしれませんね。

積極的に良かった点も書いておくと、患者たちの役作りがしっかりしていました。
一人ひとりの病状を含めての個性が明瞭かつ自然で、違和感や誇張感をほとんど感じません。
それもそのはず、オーデションでは全員に一年かけて医療センターなどで研修を受けてもらったそうです。

一般社会から隔離されてきた人々の解放、そこには反対も多いはずです。
またそれが実現してからも、色々と問題は起こるでしょう。
そのたびに「それ見たことか」という反応が出るのは容易に想像できます。

でもそれを世界で初めて実現してしまったイタリアは大した国だと思いました。
人間に対する大きな信頼感のようなものがあるのかもしれません。
楽天的な国民性?

振り返って、日本では…って考えると残念ながらあまりハッピーな気持ちになれないのは私だけではないでしょう。

見てるときは思いつかなかったんだけど、組合員たちが規格外の廃材で床に描くモザイクって、期せずしてイタリアがバザリア法で目指す社会のあり方のメタファー(喩え)になってるとも言えますね。つまり、みんなそれぞれどこか規格から外れた切れ端なんだけど、それぞれの形(個性)をきちんと見て、巧~く組み合わせるときれいな絵柄(社会)が完成する。

音楽がなぜかバルカンのジプシー音楽みたいなのが使われてました。

☆         ☆          ☆


本文とは一切無関係ですが、最近のコラージュを一点UPしておきます。

coll-butterflies-1.jpg

無題


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

FC2カウンター

プロフィール

J.-P. Kuak

Author:J.-P. Kuak
空想写真家、ノラ猫写真家、コラージュ作家。懐かしいものや鉱物も好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

AYA 光年の森
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。