スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫@西早稲田

ものすごく久しぶりに猫の写真を撮った気がする。
カメラは最近持ち歩いているFUJIFILM X20。



1-DSCF8438-001.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

個展の記録

夢の入口、それとも出口? 久保田昭宏写真とコラージュ展


1-coll-flying_blue2-t.jpg


標記の個展が9月13‐16日に東京都国立市のギャラリービブリオにて開催されました。
以下ざっくりと振り返って、記録を残しておこうと思います。


元々は今年の4月に映像作家、山田勇男さんの『人魚の夢』展を見に行って、お座敷でアートを観賞するというユニークなスタイルのギャラリーに興味を惹かれたことがきっかけで実現したこの企画。作者は全くの無名、4日という短期の展示のうえ、後半は台風の接近という悪天候、いったい何人来てくれるのか不安でしたが、蓋を開けてみるとまずまず(なかなか?)の結果。正確な来場者数は記録していませんが、ご芳名帳には20数人の方がお名前を残してくださいました。また、会場で、あるいはメール等でコメントを下さった方も少なからずあって感謝に堪えません。充実した4日間でした。作者はいわば本能的に作品を作っているだけなので、見て下さった方の色んな角度からの解釈や感じたことを聞かせて頂けるのは単純に興味深いのです。また教えられることも多くあります。でもそれより前に、自分のために好き勝手に作った創作物に共感していただける人が少数でもいるというのはうれしいものです。ある意味、究極の自己肯定というか。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。日ごとのレビューはしませんが、会期を通してコメントや質問で話題となったいくつかのポイントを記しておきます。



★「写真」と「コラージュ」の違いは?
写真は通常の写真、いわゆる実写です。作品の画面に映っている状態をオブジェや切り抜きを構成して作っておいて撮影したものです。合成は行っていません。 コラージュは作品の画面を構成するパーツをそれぞれ撮影しておいて、コンピュータ上で画像編集ソフトを使い合成した作品(あるいは一部そのようなプロセスを含む作品)です。つまり組み立ててから撮影するのが写真。撮影してから組み立てるのがコラージュ。



★一体どのように撮影したのか想像もできないのですが?
難しいこと、高度なテクニックや高価な機材が必要なことは何もしていません。というかできません(笑)ただ、撮影後の編集で好みの色調に直すことが多いです。大雑把に言うとコントラストを強めて明るいところはより明るく、暗いところはより暗くなるようにしています。ちょっと「こってり」した感じに仕上がっています。 あと、物体が宙に浮いている写真は、撮影位置からは見えないように、針金で物体を支えています。



★タイトルはどうやって付けるのですか?
タイトルも作品の一部だと認識しているので、結構考えます。
理想は画像の意味を自然な形で方向付けながらも鑑賞者の自由な想像を妨げないもの。
具体的に言うと以下のような感じでタイトルを決めることが多いです。
あまり意味は考えずに、絵として面白い画像を撮る→一鑑賞者として画像に対峙する→頭に浮かんだ言葉をタイトルに。



★会場のBGMは何ですか?
いつも聞いているCDを流していたのですが、KlimpereiとPascal Comeladeが多かったと思います。「おもちゃ箱をひっくり返したような」という表現がありますが、そういう形容が似合う音楽が好きなんです。自分の作品にも合うような気がして。興味がありましたら、リンクは張りませんがまずはYouTubeで聞いてみてください。



さて、今回の企画ではビブリオのオーナー十松さんのお世話になりっぱなしでした。
十松さん、とてもソフトな人当たりの紳士なのだが(同居人など1回ギャラリーで会っただけなのに頻りに「感じの良い人だ」と言っていた)、実はものすごい「やり手」なのだ。当たり前のような顔で献身的なサポートをしてくださった。特に広報関係では、まめに地域の情報誌や写真情報サイトにプレス・リリースを送ってくださり、『立川経済新聞』『YAHOO!ニュース』『IMAオンライン』などで紹介記事が掲載されました。また、国立市内約40ヶ所に設けられた市の掲示板にわざわざ一枚一枚ポスターを張っていただいた。これ以外にも常に細やかな心遣いでアドバイスや提案をしてもらいました。大人だなぁと、だだ子供が歳をとっただけのような私などは思ってしまうのです(笑)国立周辺、あるいは中央線沿線で発表の場を探している方、一度国立駅より徒歩2分のギャラリービブリオを訪れてみることをお勧めします。「アーティストの理想のパートナー」と出会えると思います。

ギャラリー公式ホームページ
蕃茄庵日録(ばんかあんにちろく)



というわけで、十松さん、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

最後は会場の写真を何枚か。


02-DSCF8275.jpg

本当の「おうち」です。普通に玄関のドアを開けて入ります。

04-DSCF8284.jpg

この扉の向こうが展示室。

1-DSCF8287.jpg

作家紹介のプレート

07-DSCF8288.jpg

会場風景1

08-DSCF8289.jpg

会場風景2

10-DSCF8302.jpg

最終日にススキを持ってきてくださった方がありました。





ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : アートな写真
ジャンル : 写真

もうすぐ個展

個展が近づいてきて、忙しい日々を送っております。
作品を作るだけなら、まぁ楽なんですが、結構細々とした雑用があるんですね。
ポストカード作ったり、知人にお知らせを送ったり…
あと広報関係(タウン誌など)とか。これはギャラリーのオーナー十松さんが力を入れてサポートしてくれているので助かってます。

そんな中、最終の前日になって思い立って神奈川県立近代美術館(鎌倉)の別館に『野中ユリ展』を見に行ってきました。コラージュという表現方法に興味を持つ者としてその作品に直接触れる経験は至福のひとときでした。そのことをことばであれこれ表現するより、野中ユリの作品に接して、自分の中に多分起こったであろう「化学変化」それをそっと大切にしていたい、そんな気持ちです。それにしても彼女のコラージュ、どれも凛としたものを感じる。緊張感、凝縮、高い精神性…何と呼べばいいのか分からないが。

☆     ☆     ☆     ☆     ☆

話は変わるが、気がついたらブックオフを結構利用していた。
これはブックオフがお気に入りなんじゃなくて、駅周辺に店舗が多いため。
所用で外出して、時間を潰す必要があるときや用件が済んでちょっと気分転換に本屋に入りたいって時によく目にするのだ。ブックオフって時々「えっ、この本が○○円で?」という不当に安い値段(客にとってはありがたいのだが)がついていて、読書家の友人などはそういう本を探し出して購入することを「救出」と呼んだりしている。

私は救出ができるくらい古本の世界に詳しくはないのだが、洋書は良い本がただみたいな値段で売られていて買ってしまうことがある。最近の成果は『不思議の国のアリス+鏡の国のアリス』の原著の復刻版とオクスフォード大学出版局のフランス語辞典。正確な値段は忘れたが、両方200円以下!だったと思う。

1-DSCF6668-t.jpg

一見無関係な2冊だが、オクスフォードつながり。ルイス・キャロルはオクスフォードの数学教師だったので。




ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : アートな写真
ジャンル : 写真

FC2カウンター

プロフィール

J.-P. Kuak

Author:J.-P. Kuak
空想写真家、ノラ猫写真家、コラージュ作家。懐かしいものや鉱物も好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

AYA 光年の森
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。