FC2ブログ

エメラルド

久しぶりに鉱物標本の写真をUPしてみます。五月の誕生石なので少し気が早いかもしれませんがエメラルドを。エメラルドは鉱物学的には緑柱石(beryl)の一種で不純物のクロム(あるいはバナジウム)によって緑色になったものを言います。六角柱状の結晶を見れば日本名に納得。なお緑柱石の変種には他にアクアマリン(水色)、モルガナイト(ピンク)、レッドベリル(赤)、ヘリオドール(黄)、ゴシュナイト(無色透明)などがあります。

今回取り上げるエメラルドはコロンビア(現在の主要産地)とオーストリア(ヨーロッパの古典的産地)のものです。


IMG_3207-1.jpg

(カメラ:CANON PowerShot G7)
beryl var. emerald on calcite
length: 9mm
La Pita Mine, Boyaca, Colombia

IMG_3226-1.jpg

(カメラ:CANON PowerShot G7)
beryl var. emerald
length: 9mm
Coscuez Mine, Boyaca, Colombia

IMG_3186-1.jpg

(カメラ:CANON PowerShot G7)
beryl var. emerald
length: 10mm
Habachtal, Austria


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



テーマ : マクロレンズで撮った写真
ジャンル : 写真

コメント

非公開コメント

No title

エメラルドは緑柱石ですか。どれも綺麗です。これはもともとこういう状態で地中に埋まってるんですか?相当深い所に?南米コロンビアとヨーロッパのオーストリアではどういう共通点があるのか想像がつきませんが。それから、ひょっとして5月生まれですか?

Re: No title

CHIBIさん、これはこういう状態で埋まってるんですが、標本になったものは結晶がよく見えるように、結晶がくっ付いてる岩(「母岩・ぼがん」)を削ったり溶かしたりしています。産地はコロンビアとオーストリアだけでなくいろんな場所で採れます。地中の深いところで高い圧力の元で生まれるようです。そのためか、大抵ヒビが入っています。このあたりのことに興味がおありでしたら、鉱物好きなら絶対知っている堀秀道先生の著書をお勧めします。何冊か出ていますが、どれも読みやすくて楽しい本です。
誕生日は5月じゃないんですが、5月って好きなんですよね^^

FC2カウンター

プロフィール

J.-P. Kuak

Author:J.-P. Kuak
空想写真家、ノラ猫写真家、コラージュ作家。懐かしいものや鉱物も好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

AYA 光年の森
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード