FC2ブログ

月の箱

引き出しや箱を開けると、その中に唐突に宇宙や空が拡がっているというイメージが好きです。私は野中ユリさんのコラージュの大ファンなのですが、彼女の作品にもしばしば登場するようです。(「ようです」と曖昧な書き方なのはそれほど多くを見ていないため。作品集の類の入手が難しいのです)なお今回の作品はコラージュではなく写真,つまり合成なしの一発撮りです。


IMGP0795-1.jpg

月の箱
撮影:PENTAX K-m, DA 35mm Macro Limited


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



テーマ : アートな写真
ジャンル : 写真

コメント

非公開コメント

No title

今晩は、一発撮りですか・・・色合いとかも今までにないパターンですね、なんか少し暗い所で箱や引き出しを開けたら宇宙が広がってなんて四次元の世界へGOGOですか?

そこには何が待っているのでしょうね・・・興味ありますねぇ。

Re: No title

hidekiさん、こんばんは。
いつもコラージュを作っていると、たまにはシンプルな普通の写真が撮りたくなります。
何が待っているんでしょうね(笑)?
何って言うよりも、ここではないどこかがそこにある、ただそれだけなのかも。

No title

こんにちは。

え、どうなってるのかわかんない!!
ちょうちょとか、箱の中身とかも実物?!
素敵ですー。

リアル

おじゃまします。
何だか“リアル”な感じがします。イメージはつながり、テクニックが導くのでしょうか。

澁澤龍彦さんの本で野中ゆりさんを知りました。僕も好きです。
日常と非日常はときに逆転します。心の生き物だから、そうなるのでしょうが。
宇宙をバタフライ効果と誰かが言いましたが、あの動きは確かに予測できない
けれど、きっと理に適っているのだと思います。未知への旅はときめきます!
いつも、励ましのコメント、ありがとうございます!

Re: No title

tsukasaさん、
これは箱の底に月の写真を貼ってあるんです。
蝶々は飾り用の作り物です。
磁石で冷蔵庫なんかにくっ付くやつ^^

Re: リアル

sumitoさん、
こちらこそ、いつもコメントありがとうございます。
蝶の飛ぶのを見ていると、その動きには我々の小賢しい思考をするりと
くぐり抜けるような感覚がありますね。
そもそも、どうしてこの写真に蝶を使ったのか、不思議に思えて来ました。

FC2カウンター

プロフィール

J.-P. Kuak

Author:J.-P. Kuak
空想写真家、ノラ猫写真家、コラージュ作家。懐かしいものや鉱物も好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

AYA 光年の森
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード