FC2ブログ

100の落ちた月

45億年も前から上空にあって夜毎、地上の出来事を眺めてきた月は、自らの好奇心を抑えきれずに地上に降りてくることがある。地上の我々からみればこれは月の墜落ということになる。

19世紀末のイギリスでこのことに興味を持った一人の男があった。名前をウィリアム・ムーン (William Moon) という。もっともこれは偽名であろう。彼は、古今東西の文献を渉猟して月の墜落の記録を集め一冊の研究書を出版した。タイトルは『100の落ちた月 (Hundred Fallen Moons)』。1896年、ロンドンでのことである。この本のユニークなところは100件の事例について、文献から墜落した月の挿絵を抜き出して一冊の絵本にしたことである。落ちた月の絵のみが100枚も並んでいる本書は世紀末の奇書として知られているが、残念なことに一冊も実物が残っていない。我々は同時代の書物に散見される引用を通しておぼろげにその内容を想像するしかないのである。しかし、そういうところもこの青白く光る静かで控えめな天体には似つかわしいと言えなくもない。

さて、ウィリアム・ムーンは月の墜落図を集める過程で面白いことに気づいた。それは落ちた月は必ず三日月であったという事実である。彼はその理由を次のように説明している。遥か上空から地球を眺めている月は地球が丸いことを知っている。そこにまんまるの月が落ちていくとどうなるか。コロコロと転がって止まらなくなってしまうのではないか。そう考えた賢い月は、地球に落ちるのは三日月の時だけにしようと決めているということだ。三日月なら地面に刺さることはあっても、回転が止まらなくなることはないだろう。稲垣足穂の『一千一秒物語』を彷彿させる世界観が興味深い。それにしても100枚の落ちた三日月の図、現存していないのが残念である。


IMGP3135-1_DXO.jpg

月の墜落
PENTAX K-7, DA★ 50-135mm


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



テーマ : アートな写真
ジャンル : 写真

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは~この一枚の写真には言葉の内容が全て入っますね・・素晴らしい・・それにころがった椅子を置いて、すくっと立ち上がり墜落図はこれです、と言わんばかり・・ん~いいですねぇ・・傘みたいなのは星のイメージでしょうか?水滴みたいなイメージは転がる・・を表しているのでしょうか?

いいと思います・・。

Re: No title

hidekiさん、
実はこれは写真を撮ってからストーリーをでっちあげたんです。
逆にストーリーにコラージュ写真をマッチさせるのは結構難しい気がします。
傘とかビーズとか、具体的な意味はあまり考えてなかったです。
単に雰囲気で…^^

FC2カウンター

プロフィール

J.-P. Kuak

Author:J.-P. Kuak
空想写真家、ノラ猫写真家、コラージュ作家。懐かしいものや鉱物も好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

AYA 光年の森
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード