FC2ブログ

青の逆襲

IMGP5947-1w.jpg

青の逆襲
PENTAX K-7, DA 35mm MACRO Limited


ずいぶん以前のこと、赤瀬川源平が宮武外骨について書いた本を読んでいたら、「青」が「争う」と書いて「静か」という字になるのは不思議だ、という意味の指摘があった。本の内容はさっぱり覚えていないのに、妙にそれだけが記憶に残った。確かに「青」「争」「静」という3文字を眺めていると、静と動が奇妙にもつれあったような関係に、何か神秘的な気分になるようにも思う。思い付きで撮った写真を見て、そんなことが頭に浮かんだ。

なお「静」の意味の成り立ちについては、検索すればすぐ分かります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



テーマ : アートな写真
ジャンル : 写真

コメント

非公開コメント

漢字

J.-P.Kuakさん、おはようございます。

パソコンが不調です。

青の逆襲、青の争い、もうそれだけでイメージを喚起させてくれます。
以前知人から、白川静氏の「桂東雑記」という本を頂いて読みました。

漢字文化に造詣の深い、白川静氏は名前の通り東洋の精神文化を
静謐な文章で綴る内容だったと思います。

文字と色、青のイメージは色そのものの方が広がりを感じますから
J.-P.Kuakさんの作品のように、タイトルと写真の両方が素敵です。
ヒッチ・コックの「鳥」を連想してしまいましたが^^

Re: 漢字

はなさかすーさん、
コメントありがとうございます。
白川静氏の漢字から古代の世界観を探る研究は私もとても興味深く思います。
タイトルの「青の逆襲」というのはちょっと安易な気がして、変更したいんですが、代案が浮かんでこない…^^;

FC2カウンター

プロフィール

J.-P. Kuak

Author:J.-P. Kuak
空想写真家、ノラ猫写真家、コラージュ作家。懐かしいものや鉱物も好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

AYA 光年の森
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード