FC2ブログ

スプーン

とあるカフェでお茶を飲んだとき、出てきたスプーンがなんとなく気に入った。
ただの古びたスプーンなんだけど、無造作に使い込まれた感じがいいのだ。
店の人に「このスプーンいいですね」と言ったら「差し上げます」とのこと。
ありがたく貰ってきた。

古びてはいるが、100年後この世界に存在しているのは私ではなくてこのスプーンだろう。
好きな鉱物もそうなんだけど、無生物には寿命というものがないので、ひょっとすると100年どころか永遠にこの宇宙に存在し続ける可能性だってあるわけだ。
そういうことを思うとちょっと頭がクラクラしそうになる。
「ほんの一瞬」しか存在しない人間が「永遠に」存在するモノを収集したり所有したりするのは、なんだか「身分不相応」なことのようにも感じる…


IMGP6850-1w.jpg

スプーン
PENTAX K-7, DA★ 16-50mm



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



テーマ : アートな写真
ジャンル : 写真

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

J.-P. Kuak

Author:J.-P. Kuak
空想写真家、ノラ猫写真家、コラージュ作家。懐かしいものや鉱物も好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

AYA 光年の森
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード